2018年4月21日 (土)

顔認識

2018042101フェースブックの顔認識機能に訴訟が起こされたそうだ。確かに、あれはうざったい。アップロードした写真の中に知った顔があると、名前を勝手に表示してくれる。面倒だから、名前が出ると削除している。しかし、見事な認識機能であるとも思う。これがスマホのアプリとかであったら良いなとも思う。名前を思い出せない人に出会った時に、カメラを向けただけで名前を検索してくれると、とても助かる。きっと、すぐにそんな時代が来るだろう。でもな、突然、見知らぬ人から名前を呼ばれたりするのだけはごめんこうむりたい。

2018年4月20日 (金)

暑くなった

2018042001一気に暑くなった。

2018年4月19日 (木)

2018041901通勤途中の駅に、「藤の牛島」という駅があるんですが、この駅の近くに藤園があるのを初めて知りました。だから、そんな名前の駅だったんですね。天然記念物とかいう藤が植えられているんです。なかなか綺麗なものです。娘と一緒に行って来ました。なんだか、すっかり自分の娘のような気がしてます。そのうち国へ帰ってしまったら、相当に寂しくなってしまうだろうなぁ。休みの日になると、時々1時間半も電車に乗って訪ねてくれます。子供の居ないジイサンとしては、楽しい。

2018年4月18日 (水)

ちょっと

2018041801役所の不祥事があまりにも頻発してますね。あり得ない話しが多すぎる。何かが狂い始めているんでしょうか。

2018年4月17日 (火)

三賢人会

2018041701三賢人会という名前の会合。三馬鹿会の方が適当な気もするが、まぁ名前はどうでも良い。四谷三丁目で会って昼食。青山まで歩こうと言われて、え~っ!と思ったが、先輩達には逆らえない。四谷三丁目から信濃町を通って、青山一丁目まで歩きましたよ。頭では、たいした距離ではないと分かってはいるのだが、身体がガタガタになっているから、息切れして来る。なんとかしないといけないなぁ。

2018年4月16日 (月)

偲ぶ会

2018041601某氏を偲ぶ会。93歳で亡くなった方なので、まわりは年配者ばかりである。皆、歳をとったなあと思って眺めていたが、逆から見たら同じだったかも知れない。しかし、私を知っている人は、そんなに多くない。どこで知り合ったのですかと聞かれたが、一緒に虎ノ門の某ビルで仕事をしていた記憶はあるのだが、何の仕事をしていたのかとか、何故、自分がそこに居ることになったのかが全然思い出せない。どう考えても、接点が思い浮かばないのだ。でも、確かに、そのオフィスで仕事をしていた記憶はある。抜け落ちた記憶というのは、気持ちが悪いものだ。

2018年4月15日 (日)

倉庫

2018041501日経新聞に「店より倉庫」という記事で、ウチの近所の写真が載っている。大きな倉庫が出来るとは予想していたが、さらに倉庫を建設すると書かれている。面する道路は、片側1車線で、それでなくても大型車の通行が多い。さらにトラックが増えたら、道路は麻痺するし、高速道路は、さらに渋滞する。民間企業は、適当な立地として選ぶかも知れないが、そもそも自治体のインフラが整っていないのだ。物流施設が増えると、住民は大迷惑なのだが、どうにもならない。

2018年4月14日 (土)

床屋

2018041401あまりにも髪がボサボサになってきた。ちょっと不祝儀を控えて、町まで髪を切りに行って来た。後頭部が円形脱毛症になっていて、その部分だけ、真っ白な髪が生えて来ている。ストレスが何かあるのかも知れない。ストレスと聞かれても、あまり思いつかないが、生きていれば何かのストレスはあるものだ。

2018年4月13日 (金)

慣れ

2018041301どうも最近、何もしない日々に慣れてきてしまっているようだ。予定を色々と入れてみたが、だらけた生活が日常になり始めている。ちょっとマズイかも。

2018年4月12日 (木)

枯葉

2018041201今日も引き籠り。運転免許を更新するための高齢者講習というのに申し込むために、野田市の教習所に電話した。次の免許更新は70歳だから、高齢者講習が義務付けられている。枯葉マークは、75歳までは努力義務らしいが、何か非常に切ない。若葉マークは、1年すれば外せるのに、枯葉マークは一生外せない。高齢者という区分からも、もはや一生逃れられない。毎回、免許を更新するたびに、高齢者講習を受けさせられるか、免許を返納しろと言われる歳になってしまった。高齢者だからといって、何も良い事などありはしない。単に切ないだけである。

2018年4月11日 (水)

風強し

2018041101風が非常に強い。柿の木が大きく揺れている。ビュービューという音が怖いほどだ。今日も相変わらず部屋籠り。それにしても、コンビニ弁当の暮らしにも飽きて来た。何か、まともな物が食べたい。まとな物と考えても、何も思い浮かぶわけでもない。自分で料理を作ろうという気もない。こんな暮らしを選んでしまったのは自分の性なのだから、仕方がないと諦めるしかない。

2018年4月10日 (火)

2018041001引き籠り

2018年4月 9日 (月)

歯医者

2018040901歯医者の日なので都心まで出かけた。仕事が決まらなくて落ち着かない。ニュースを見ていたら、父親が違う双子が生まれることがあるのを知った。すごいね。

2018年4月 8日 (日)

若葉

2018040801小さな庭の小さな柿の木にも、すっかり若葉が出そろった。外の風は冷たいが、寒いほどでもなく心地良い。

2018年4月 7日 (土)

豆の上

2018040701昨晩、寝る前に「豆の上で眠る」という推理小説を手に取ってしまった。読み始めるとヤバイことになるとは思ったがのだが、テレビで面白い番組もなさそうだし、ちょっと眠気もない。でも、引きずり込まれるとマズイと思っていたのだが、やっぱり、朝になっていた。目が覚めたのは、もちろん午後である。しかし、あまり慣れていない作者の術中にはまると途中で抜け出せない。多少でも、傾向を知っていれば、途中で本を置くのだが、駄目だった。表題で登場する童話との関連が明らかになるのは、小説の最後だ。現実の世界では、50年前に、間違えて取り換えられていた赤ん坊のニュースが流れていた。家族にとっては、一体、どっちが家族なのだろうか。共に幸せであったならば、それで良いのだが。

2018年4月 6日 (金)

春の嵐

2018040601風が強かったですね。ビュービューと吹く風は、まさに嵐です。土俵に女性があがってはいけないなんて、一体、何を言っているんでしょうかね。相撲取りなんて、全員が女性の股から生まれて来たんでしょ。そうじゃない力士が1人でも居たら、お目にかかりたいものです。ひたすらあきれます。

2018年4月 5日 (木)

車の修理

2018040501飛び石で穴があいた車のフロントガラスを取り替えに行った。朝、修理に出して、夕方、受け取りに行ったら、車体もピカピカになっていた。この店が、新大久保の駅から遠い。朝は、なんとか歩いたが、夕方は、延々と歩いても歩いても着かない気がして、途中で倒れるかと思った。到着して、ふと見たら、隣りに地下鉄の駅があるではないか。教えてくれよ。

2018年4月 4日 (水)

生存証明

2018040401誰かが、私のブログに、投稿しませんかと書き込みをしたようだが、あいにく、そんな気はありません。このブログは、意見やコメントを発表しようという場所でもなく、誰かに読んでもらおうと思って書いているわけでもありません。単なる生存証明なのです。

2018年4月 3日 (火)

花吹雪

2018040301幸手権現堂まで桜見物に行った。ウチから約40分。土手の上には桜、下には菜の花畑。でも、桜は花吹雪になって散り始めている。葉もだいぶ出て来ている。多少歩いて帰って来た。歩くのも、くたびれる。俺って暇人になってしまったんだな。

2018年4月 2日 (月)

ロマンチスト

2018040201全部で5冊の時代小説を読み始めたら朝になっていた。頁を開く前に、ちょっとやばいなぁとは思っていたのだが、読み始めると止まらない。読み終えると、時々、学生時代の助教授の顔を思い出す。その後、教授になって、若くして病気で亡くなったのだが、彼の口癖が「俺は、世界中の本を読み尽くす」というものだった。彼の場合は、専門書の話しだろうとは思うが、出来もしないことを平気で宣言するロマンチストだった。もっとも、大学の先生なんかしている人間は、往々にしてロマンチストである。そうでなければ、一生を学問に捧げるなんて真似は、普通の人間には出来ない。

2018年4月 1日 (日)

言葉

2018040101アイプリルフールという言葉を聞かなくなって久しい。そして、東京銀行という言葉も消えた。言葉は移り変ると言うが、意外な言葉が消えて行く。五輪という言葉は、いつのまにか定着している。私は、電子書籍という言葉は使って欲しくない。書籍というのは、紙のままであった欲しい。

2018年3月31日 (土)

当たらない

2018033101そろそろ人工衛星が落ちて来るらしい。人に当たる確率は低いと言われているけど、地球の広さから考えて低いだけであって、運が相当に悪い人が居ないとは限らない。何億円もの宝くじだって、当たっている人は居るんだから。

2018年3月30日 (金)

何もなし

2018033001何もしていない。とにかく仕事がどうなったか分からない状態では、落ち着かない。完全に仕事がなくなってしまったら、それこそ大変ではあるが覚悟は決るかも知れない。車のフロントガラスを交換するかどうかで、ちょっと躊躇している。飛び石で、傷がついてしまったからだ。

スタバ

2018032901娘達が訪ねて来てくれたので、清水公園と隅田川で花見。ウチの近くにスタバが出来ているのに気付いて、入りたいと言う。スタバは禁煙だし、コーヒーが薄い感じがして、あまり好きではないのだが、入りたいと言われれば、お父さんとしては付き合うしかない。ドライブスルーという表示が出ていたので、ドライブスルーだけかと思ったら、中に席もあった。近所のお年寄り達が来ている。そして、コーヒーを飲むと早々に立ち去って行く。ゆっくり座っている人達がいない。都会の喫茶店とは大きな違いだ。

2018年3月28日 (水)

隅田川

2018032801車を定期点検に出すために、都心へ。そのついでに隅田川の桜を見に行く。でも、浅草から桜橋まで歩くのは遠いなぁと思っていたが、なんとか歩ききった。往復で7千歩くらいだ。しかし、桜橋の隅田川べりの茶屋は開いていなかった。綺麗なお姉さんが見られるかと思っていたが残念である。桜は満開。着物姿で歩いている人達の多くが中国語を話していた。着物で花見をするのは日本人じゃなくて中国人になったようだ。

2018年3月27日 (火)

清水公園

2018032701珍しく、いや本当に珍しく、階段の拭き掃除をして、庭の草むしりをして、昨日歩いて腰が痛いなぁと思いつつ、近くの清水公園の桜を見て来た。公園の回りに駐車場があるのだが、遠い所は2百円、少し近づくと4百円、最大限近づくと5百円であるのを知った。知らずに5百円の所に駐車してしまっただけなんですけどね。

2018年3月26日 (月)

千鳥ヶ渕

2018032601初めて自撮りなるものをやってみた。しかし、目線をどこに向ければ良いかが分からない。会社まで出たので、千鳥ヶ渕まで歩いてみた。地下鉄で1駅区間を往復するわけだから、だんだん自信がなくなってきている。でも、何とか歩ききった。1万歩を越えていた。外国人も多くなってます。日本人もお上りさんが多いように思います。20年前は、こんな人出はなかったと思います。なんで増えたんでしょうかね。桜並木が増えたわけでもないし、千鳥ヶ渕のコマーシャルを見たこともありません。これもネットの力でしょうかね。

2018年3月25日 (日)

近所付き合い

2018032501朝、ゴミ箱の掃除道具を持った人が現れたので、インターフォンから「先へまわして下さい」と言って断った。今までやったことがないし、1人暮らしの老人が出来る仕事じゃない。近所付き合いはしたくない。

2018年3月24日 (土)

SQからのメール

2018032401もう30年も前のことだろうか。トバ湖という人食い種族が住んでいた島で出会ったマレー人の女性が居た。ある日、東京の私に電話がかかって来た。今、品川プリンスに居る旦那に電話をしたのだけど、どうも部屋に女が居るようだ。だから、すぐに調べに行ってくれという電話だった。そんな面倒は嫌だと言ったら、今から日本へ行くが、自分は初めての国だから空港まで迎えに来てくれないかと言う。それ位なら助けてあげる。空港まで迎えに行ったら、オフィスへ行く時の服装のままハンドバックだけ持って、他に荷物を持たずに税関から飛び出して来た。ホテルまで送り届けたら、一緒に部屋に踏み込んでくれと言う。さすがに修羅場は苦手だ。廊下の影から見ていたら、部屋へ突進して行った。その後の経緯は知らない。

その後、ある日、自宅に電話をしたら、たった今、彼女は荷物を持って出て行ったと旦那が話したので、離婚したのを知った。その後、長い間、行方を知らなかった。しかし、非常に珍しい名前なので、FBで検索したら、一発でみつかった。シンガポールに住んでいた。その彼女から、今朝メッセージが飛んで来た。今、娘が東京に居るのだけど、何かあったら助けてやってくれないかと言う。それ位構いませんけどね。もし母親似だとすると、機関銃のように言葉が飛び出して来る娘なのだろうか。言葉の機関銃って、意外に怖いんですよ。

でもね、若い子達は、何があろうと、自分で何とかするだろう。ベトナムから来ている娘達だって、見ていると本当にたくましい。何でも自分で解決している。皆、自分達だって若かった頃には、異国でなんとかやってきたのだ。歳を取ると、自分で何とかする前に、楽な方法は何かと考えて誰かに頼ろうかと考える。若いうちは、そんなことは考えないものです。

2018年3月23日 (金)

20円

2018032301駅のバリアフリー化のための費用を運賃に上乗せする案が検討されているようだ。首都圏では1回当たり20円ほどの負担を利用者が認めたと報じられている。1回に20円といえば、相当な高額になりますよ。路線を乗り継ぐたびに20円ずつ上乗せされるのですから。本当に、きちんとアンケート調査を実施したのかしら。労働時間調査だって、いいかげんな物だったと認めて撤回しているのですから。バリアフリー化は、インフラ費用なのだから、長期間に分散すれば、もっと安くなるのではないですか。

2018年3月22日 (木)

違和感

2018032201先日、テレビのニュースで小学校の卒業式の映像を放送していて、女の子達が袴姿だったのに、すごく違和感を覚えたのだが、やっぱり新聞でも話題として取り上げていた。どんな格好をしようと構わないのだが、この違和感は何だろうか。要するに、あんまり似合わないのだ。

«雪